突発性難聴の診断

突発性難聴の診察は、まず視診で鼓膜に異常ないか、純音聴力検査で難聴のタイプを診察します。そのほかに、眼振(めまいが生じているときに出る異常な目の動き)を見ます。

 また、必要に応じてということになりますが、脳や聴神経に異常がないかを調べるためにCTやMRIを撮る場合もあります。また、聴性誘発検査(蝸牛機能を調べる検査)をする病院もあります。
  
 〜Aへ続く〜


--------

関連エントリー