突発性難聴の治療法 高圧酸素療法B

 突発性難聴の治療に高圧酸素療法を利用する場合、いくつかの注意点がありますが、中でも重要なのは「耳抜き」ができるかどうかです。

 鼓膜の中と外との圧力が変わりますので、トンネルに入った時と同じように鼓膜の中と外の圧力が変わる「つん」とした感じがします。よって、『耳抜き』という作業が必要になります。多く名場合、鼻をつまんだ状態で鼻をかむ時のようにします。これで、内外の気圧を揃えるのです。これが出来ないと耳がおかしくなることががあります。


--------

関連エントリー