メニエール病の原因

メニエール病がどのような原因によって引き起こされるのかは、まだ結論が出ていないのです。ただ、メニエール病患者の内耳を見ると、ほとんどの場合に内リンパ腔という部分が拡大しており内リンパ水腫が見られることが分かっています。この内リンパ腔の拡大によってメニエール病の症状が引き起こされているという事については間違いないだろうと言われています。しかし、そもそも内リンパ水腫が何故おこってしまうのか、その理由はわかっていません。内耳の後半規管後部の乳突蜂巣発育不全や、内耳の前庭水管の発達異常、又はアレルギーの関与、ヘルペスなどのウイルス感染、内耳組織への自己免疫、内耳の血流不全等々、様々な可能性があげられています。しかし、どれがメニエール病の発症に関わっているのか、残念ながら決め手がないのが現状となっています。

関連エントリー