自律神経失調症

自律神経失調症について解説いたします。自律神経失調症には様々な症状がありますが、そのなかで突発性難聴に似ているものは、やはり眩暈めまい)です。

自律神経とは、無意識のうちにはたらいている神経のことで、眠っている間も、何に熱中している間も、滞りなくさまざまな身体機能が働くのは自律神経のおかげであるといえます。

自律神経には「交感神経」および「副交感神経」の二つにわけられ、内臓・血液の流れ・心臓の動きなどを司り、消化・代謝・呼吸等を調節している。

この交感神経と副交感神経は片方が働くと、片方がそれを調整するというように、バランスを保つことにより、体の様々な機能をちょうどよくはたらかせているのです。しかし、なんらかの原因でこのバランスが崩れると、体の機能の調整がうまくいかず、これが自律神経失調症といわれる症状を発生させることになります。

関連エントリー