パニック症候群の症状

パニック症候群は「パニック障害」ともいわれる病気です。正式名称はパニック障害の方です。

パニック障害パニックj症候群)の代表的な症状は、理由のない激しい不安感や恐怖感です。誰しも不安になれば、心臓がドキドキしたり、めまいや息苦しさを覚えたり、冷や汗をかいたりするものです。しかしパニック症候群パニック障害)の場合は、それが大変強度に、しかも前触れなくあらわれるのが特徴の病気です。

心臓がドキドキというよりも、心臓がバクバクする!!と表現されるほど、パニック障害の症状は強いのです。パニック障害に罹ると、突然このような発作が発生し、悩まされるという状況になります。


関連エントリー