パニック症候群(パニック障害)の発作とその抑え方

パニック症候群パニック障害)の発作(めまい、心臓のドキドキ等)は、5分〜30分で自然におさまるものです。そして、その発作を説明できる臨床検査結果がありません。症状があっても、日常生活に特に支障がないという場合には、パニック症候群とは診断されないのです。

パニック症候群の効果的な治療においては、当然の事ではありますが、まず自分にあった医者を探すことが大切です。この病気に理解のある医者でなければ、適切な治療は期待できませんので、もし今の病院に抵抗を感じるのなら、転院することも検討しなければなりません。

その他、パニック症候群に効果的な習慣として、出来る限り自然に触れる機会を設ける、筋トレ、、自分の時間を多く作る等があります。また、発作が起きたときに「大丈夫、大丈夫」と自分いいきかせる事も効果的です。

スポンサードリンク

関連エントリー